1F Space 🌜月夜と色葉🍂ご案内


ただ今 陶器展「秋の食卓』開催中の 1F Space
1
0月20日より 晩秋にぴったりの温かな展覧会がスタートします⭐︎

月夜DM_hp1

糸繋がりの 二人の作家の展覧会です

葉っぱオーガンジー刺繍ブローチ カラーバリエ2ONO*ではレギュラー作家となっていただいている大人気の jumelle

オーガンジーユーカリ刺繡ブローチカラーバリエ
今季の刺繍ブローチ新作は色づい葉っぱやキュートな動物たち。
特にこちらの葉っぱシリーズは jumelleカラーのオーガンジーを使用した
ほんのり透け感のある魅力的な風合いのブローチです 色バリエションから
今年のカラーを選ぶのも 楽しみのひとつですね♪

ますます進化するテイストの
イヤリング・ピアスの新ヴァージョンも楽しみです

taotao
そして この秋も 月夜の世界からtao.taoのフエルト小物たちがやってきます💫

taotao青
自ら染めたり自ら編んだり‥
よくよく見ると大変手の込んだお洋服を着こなす魔女たちはもちろん、

「今回は月をモチーフにした作品を」とのONO*からのリケストにお応えいただきました✨
秋の温もり感じる二人の作家の展覧会をお楽しみください♪


  🍂🍂🍂🍂🌜🍂🍂🍂🍂🌜🍂🍂🍂🍂🌜  

jumelle(じゅめーる) ヨシオカナツミ
2003年カバンや小物を作るブランドとして jumelleを立ち上げ
’07年からはひとりで活動。アパレルメーカー勤務経験を経て
結婚を機に退社し jumelleに専念。現在はハンドメイド中心に活動中。
@jumelle_goods

tao.tao 福山由起子
川島テキスタイルスクール長期研修科卒業同校にてフエルトを学ぶ。
フエルトの奥深さに興味が深まり tao.taoとして活動を始める。
現在各地のクラフトイベントやギャラリーなどで活動中
@tao.tao.hitsuji

   🍂🍂🍂🍂🌜🍂🍂🍂🍂🌜🍂🍂🍂🍂🌜 


jumelle × tao.tao
~moonlit night and colored leaves~
月夜と色葉
10月20日(木)〜11月19日(土)
12:00〜18:00 金曜日は13:00〜 最終日15:00まで
月火休館 祝日はOPEN

 

1F Space 🌾秋の食卓🍚


ONO*いよいよ秋の企画展がスタートしました

 

1A14A67E-0557-4423-A64B-96E8A6BD897A
第一弾は1F Spaceにて開催の 陶芸家 田頭由起さんによる新作展。
通りから見えるウインドウにも可愛い器を飾っていただきました

ONO*では3回目となる田頭さんの作品展ですが
今回は初のSolo exhibitionです☆

IMG_3056のコピー他の作家さんとお二人での企画展が多かった. コーナー展開の展示から、
ようやく個展開催へ!。 テーマもご自分でご提案くださいました。

「秋の食卓」

長かった猛暑。。。 夏の疲れを取るべく、
実りの秋には採れたての食物を美味しく食べて栄養補給をしたい秋の始まりにぴったりのテーマです

スペースには入り口カウンター、中央テーブル、ショーケース


そして木製棚にずらりと新作が並びました

 1点1点 丁寧に作られたお茶碗は両手にそっと収まる心地よいフォルム。
そこに ほのぼのとした鳥や草花の繊細なブルーの絵付けが描かれてホッと癒されます。

ONO*からリクエストで制作いただいたオリジナルのカップもご紹介。
フリーカップとマグ。こちらはOnlineShopにも出展中★
人気のスープカップもお持ちいただきました
その他の作品も、会期中にご準備出来次第. 出展して参りたいと思います

食卓を彩る 温かく優しい器の数々
是非 ホッと癒されに^^.  秋の味覚を感じに お立ち寄りください



田頭由起 –  陶器展 –
Autumn Table ~  秋の食卓
9月17日(土) –  10月16日(日)
12:00 – 18:00 月・火曜定休
金曜日は13:00 –  /  最終日は15:00まで

 ◆ ◆ ◆ ◆
田頭 由起 (たがしらゆき)プロフィール
大阪生まれ
京都精華大学造形学科 陶芸家専攻 卒業
京都市北白川にて制作

常日ごろ使ってもらえるような
季節になったら思い出してもらえるような
置いて和んでもらえるような
そんなものが作りたくて日々制作しています
◆ ◆ ◆ ◆

 

2023年コラージュカレンダー先行販売のご案内📆

ONO*下半期がスタートして10日が過ぎました
絵画教室「アトリエセン」さんの展覧会も盛況に終了し、
ただ今 展示準備中(16日まで休館)のONO*Spaceです🌝

毎年開催しております 店主兼コラージュアーティスト おのみちこのカレンダー展「十二ヶ月」も
今年は 昨年より1ヶ月早い 9月28日より開催いたします☆

そして開催に先駆け 2023年カレンダー2種とダイヤリー手帳2種をOnlineShopにて先行出展中🌟
ご好評いただいている縦長カレンダーも入荷次第出展を予定しています



大判壁掛けカレンダー Lと、卓上にもなるSサイズカレンダー
『十二ヶ月 – 日本の四季 – 』。今年で4年目のご案内となります。

中央にスケジュールが書き込める暦の入った使いやすいデザイン。

特にLタイプは 作品の実寸サイズでファブリックや和紙、ビーズや糸の風合いを
リアルにお楽しみいただけます

移り変わる日本の四季を感じていただけます
 Lサイズ 400×300mm 13枚綴  1,960円(+税)/

 

Sサイズ  195×137mm リング綴じ 掛けるフック・卓上スタンド付き 950円(+税)


カレンダーとお揃い 2023年 A6ダイヤリー手帳も同時発売されました⭐︎
表紙は2デザイン。イエロー地のカレンダー表紙絵と、ピンク地の2月絵「初春のブレード」
(内容は同じです)

2021年12月から2023年3月までのまでの16柄。64頁 880円(+税)


扉やメモページでも 日本の季節を感じられるコラージュ絵をお楽しみいただけます。

 


今年で8年目のご案内となります  縦長カレンダー『草花添装(そうか・そうそう)』は
現在制作中につき、9月下旬より予約受付 仕上がり次第販売を開始いたします⭐︎

今年で9年目となります細長サイズ。 お部屋のコーナーや柱などに気軽にかけられるタイプ


2021年版より 製造と販売元をONO*Atelier&Spaceが受け継ぎ、
暦文字やデザイン、各月の解説文を作者自らが手がけています。
こちらもぜひよろしくお願いいたします(^^)⭐︎ 1,100円(内税)



ONO*よりお届けする 2023年のお楽しみグッズ。

新しい年へ向かう気持ちの入れ替えに・先様への贈り物に。
日常で身にする日本の生活にふと感じる生物の四季を
素材の温もりで味わっていただけましたら幸いです^^🍂   ONO*OnlineShop 

 


*・・・<ONO*より価格訂正のお詫び>・・・*

 
〜コラージュカレンダー・ダイヤリー「十二ヶ月」シリーズ〜
9月28日より開催の「十二ヶ月 – 日本の四季 – 」に先駆け出展中の
カレンダー/ダイヤリー「十二ヶ月」シリーズは
2023年度版より 材料の値上げに伴う 販売メーカー様の意向により 本体価格が変更となりました。
ONO*から販売開始の際、価格変更に気づかずにおり、
ご案内しておりますご案内状及び、sns/hp/Blogにて 昨年の価格のまま提示しておりました。
製品に付着された価格ラベルと相違があり混乱招いてしまいまして誠に申し訳ございません。
…………………….
本日より、ONO*からはほんの少し還元価格として
大判Lサイズ ¥2,100
卓上Sサイズ ¥1,040
ダイヤリー手帳 ¥1,040
(全て税込)にて販売させていただきます
…………………….
なお、既にお買い上げいただいておりますお客さまはそのままにてご案内と致します
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。重ねましてお詫び申し上げます
今後とも カレンダー/ダイヤリー手帳「十二ヶ月」シリーズを どうぞよろしくお願いいたします⭐︎

 

 

 

🎨絵画教室展. 開催中⭐︎

 

ONO*下半期スタートしました✨
残暑と 急な雨に戸惑う気候。日に日に心地よい風吹く時が多くなり

くる秋が楽しみな時期ですね。


9月の第一弾は 京都の絵画教室 アトリエセンさんの生徒作品展です


今年で3回目となります教室展。
 作家 則武千鶴さんが主催されているアトリエセンさんは、
多色な色鉛筆を画材に季節の草花を 楽しくお話ししながら描く絵画教室。 
平常のおレッスンの他、体験からリモート、お子さんの教室まで幅広く開催されています

 

スペース入り口の吹き抜けの空間から
多くの作品を見ていただく事ができます

そして2F Space、 西側の壁面

広い壁にはランダムに飾られた 少し海外のリビングに来たかのような落ち着く空間

程よいサイズのフレームやパネル。
額装は生徒さんがご自分で吟味されたとのこと。

IMG_2901東北 二条通りの窓から光が刺して明るい空間です


東南のアーチ棚と奥壁面。

今回出展された生徒さんは総勢20名。
1年間描きためた中から選りすぐりの作品をお披露目されています。

IMG_2928
IMG_2966 IMG_2968 IMG_2929

リモート通信の生徒さんは草花だけでなく、
手元にある雑貨や季節の野菜などをモチーフに描かれていて、
楽しい日常や身近な愛着を感じほのぼのとしてきます

それぞれの個性が心地よく伝わる魅力的な絵画の世界。

今回は作品数の関係で1F Spaceにも一部ご案内しています

IMG_2963

スペース入口付近には 表装用の美術織物を専門にあつかう京都 鳥居株式会社さんの
美しい織物生地フレーム「がくぷち」と生徒さんの作品とのコラボレーションコーナーがあります

『がくぷち』
〜モダンな暮らしに映える 裂地の文様フレーム〜
書や仏画、日本画などに裂地を組み合わせ、

観賞のために美しく飾る表具。
鳥居はその表具用の美術織物を専門に扱ってきました。
表具を製作するにあたり重要な技が 裂地と紙を糊で貼り合わせる裏打ちです。
その技術と素材を活かし、現代の暮らしに合った 裂地の文様フレーム 『がくぶち』 が誕生。

オリジナルの金襴・緞子を厳選し、アートでモダンな額に仕立てました。
仕舞っておいたポストカードも手間をかけずに気軽に差し替えられ、
お部屋のテイストに合わせた演出が楽しめます。
TORII裂PROJECT

IMG_2854 IMG_2852
IMG_2855 IMG_2853


気軽に立てかけられる織物フレーム「がくプチ」におさまった
生徒さんの作品が木製棚やウインドウに並びます


 また、ONO*Selectionコーナーでは、オススメの作家作品や製品をご案内中。

IMG_2958秋のお便り紙製品や発売されたばかりの2023年版カレンダーも
ご覧いただく事ができます。

会期は9月11日まで。
秋の入口、暑さはまだまだ続きますが ほのぼのとした作品で
ほんの少し心を安めに
お気軽にお立ち寄りください

 

アトリエセン色鉛筆画教室作品展2022
9月2日(木) –   11日(日) 5(月・6(火)休み

12:00~18:00 /最終日15:00まで
場所:ONO*Atelier&Space 2F、1F「がくプチ」コーナー
お問い合わせ:アトリエセンweb

出展生徒さん
青木みさ子/栗山良子/畠中陽子/鳥居玲子/佐藤理恵/西原芽ぐみ/井本恵里/川井啓衣/服部典子
白山久美子/上田揚子/髙橋周子/冨澤優那/服部真貴子/堤中恵美子/長谷川七重/尼川洋子/
森典子/清原親子/山本杏子

 

1F Space 🍂秋の食卓🍚 陶器展ご案内

ONO*1F Spaceでは 9月後半より企画展が続々スタートします



田頭由起 –  陶器展 –
Autumn Table ~  秋の食卓
9月17日(土) –  10月16日(日)
12:00 – 18:00 月・火曜定休
金曜日は13:00 –  /  最終日は15:00まで

 食欲の秋。テーブル周りを彩る ほのぼのとした絵付けが癒される
田頭由起さんの陶器の新作をご案内いたします。
今回でONO*では3回目となります田頭さんの展覧会ですが
個展というスタイルでの開催は初めて。
秋らしい温かな飲み物や食事が恋しい季節なので是非マイカップ
マイお椀をゲットしてみてください♪

◆ ◆ ◆ ◆
田頭 由起 (たがしらゆき)プロフィール
大阪生まれ
京都精華大学造形学科 陶芸家専攻 卒業
京都市北白川にて制作

常日ごろ使ってもらえるような
季節になったら思い出してもらえるような
置いて和んでもらえるような
そんなものが作りたくて日々制作しています
◆ ◆ ◆ ◆

 

公募展 Fresh&Refresh 🌿開催<2>


6月も半ばとなり、京都も梅雨の到来☂️ 静かな雨音が心地よく聞こえます
第4回公募展「Fresh& Reflesh」会期は26日まで。
ウインドウに飾られた美味しそうなデザート
白﨑 摂さんのガラス作品『ケーキ〜お茶にしましょう〜』です
同じくガラス作品のコンポートの上に乗ってお出迎えです

今日のBlogでは、手工芸作品を出展されている3名のご紹介です


 
Space左手のコーナーは 一際涼しげな空気感


先ほどウインドウにも登場したデザートオブジェを制作された白﨑 摂さんの
ガラスの器や小皿などを観ていただけます

ガラス棚に並んだ小作品は、スポットに照らされて影の模様が浮き上がり、
作品と共に美しい展示となりました。

IMG_7175白色に、ブルーや黄緑色の草花絵が描かれた器や一輪挿し。
気泡が涼やかな白とクリアの繊細な風合いのグラス。

箔の輝きが高級感のある ぐい飲み など
匠な技法により仕上げられたガラス作品。


ブローの途中でバーナーで作ったガラスパーツを付けて表現された草花模様。
柔らかで癒されます。

レース銘々皿
「あさきゆめみし」
レース茶碗
「あさきゆめみし」
レース振り出し
「あさきゆめみし」


ヴェネツィアングラスの技法を用い、クリアガラスにパウダーやフリットの色ガラスを付ける
繊細なレース技法の作品。
スクエア形の小皿と丸みのある茶碗、振出はボトルや一輪挿しとしても。

 Space奥にも白﨑さんの作品棚があります

草花絵がキュートな小さめのティーカップに
ウインドウに飾られたデザート作品やフルーツオブジェ。




ガラスのケーキとは何とも魅力的 フルーツもキラキラと美味しそうに主張してきます
デザートトレーの上に乗って、うっとりと見つめていたくなります

スイーツシリーズは他にも。
和菓子や金平糖、小さくてとってもかわいい
白崎さんの女性らしい表情が伝わってきますね
作品は全て販売されています

… … …
白﨑 摂  – Setsu shirasaki –

日々是好日
日々の暮らしのなかで
穏やかに少し心浮き立つ
ほんのりとした器を・・・
そんな気持ちで
ガラスと向き合っています
… … …
プロフィール
15歳より絵を始める
3年間ガラス工房勤務
20年のブランクののち、ガラス制作再開 現在に至る
instagram @settu_sotto_voce
… … …

横浜在住の白﨑さん。
初めてONO*を来てくださった時 Spaceをとても気に入って下さり、
この度 公募展にエントリーくださいました。
現在も東京でイベント開催中。ますます精力的な活動が楽しみな作家さんです。


続いては  鈴木まきさんの七宝作品をご紹介です
鈴木さんも関東在住。
2019年秋に2F Spaceにて開催されたグループ展にご参加されていた際
公募展のお話をさせていただきエントリーをご希望になりました。
コロナ禍が到来し、ようやくこの度待望のご出展です。

2F Space左手奥の正面に飾られた重厚な輝きを放つ作品。

「ケールの女王」

「七宝焼」とは、金属とガラスの合体工芸の一種で、その伝統工芸技法
金属素地に、釉薬を800℃前後の高温で焼成することによって、
融けた釉薬によるガラス様あるいはエナメル様の美しい彩色を施します。

「薔薇の妖精」

この度の公募展では、 画力と技術が必要な額装作品を主にご出展下さっています
花びらが何層にも重なった薔薇の花や美しい女性の顔が印象的。
深みのある色彩は、重厚なフレームと相まって落ち着く雰囲気です

「薔薇の妖精」

七宝に入る以前の  スケッチ画もご覧いただけます
透明感のある繊細なタッチ。

「天使の微笑」 「緑の微笑」

こちらは個性的なフレームにおさまった小作品。
装飾された、奥行きのある木製額と調和した、西洋ムードのある仕上がりです。

そして、会期中盤にはアクセサリー作品も追加にてお送り下さいました。

「ささやき」 動物の謝肉祭
「横顔

 

ダンデライオン」


ミニフレームにおさまった七宝ペンダントブローチ。
フレームサイズは100〜140mmほど。
小さな画面の中に鈴木さんの世界が嫋やかに表現されています

 


そして 6人目の作家さんのご紹介

Space中央のアーチ棚は 前のお二人とはまた違った空気
耳なしくまさんの作品コーナーです。

 

様々な画材で自ら生み出した技法も含め
絵画や小さなオブジェを自由に表現するアーティスト。

耳なしくまさんは 昨冬 ONO*Spaceにふらりとお立ち寄り下さった際、
Spaceを気に入って下さって この度の公募展にエントリーいただきました

フレームにおさまったスケッチ画と ガラス棚 上の段には
ミニフレーム作品・ブローチが並びます


昨冬 いくつかの作品を見せて下さった耳なしくまさん。
あまりにも小さく繊細  そしてそのサイズ感と繊細さに反した 独創的な作風は
自然体で 自分に素直な 他にない魅力でもあると感じました


 
『夏〜秋の花スケッチ』

Space正面には風合いのある色洋紙に色鉛筆で描かれた
草花スケッチのフレームを飾っていただきました。
この作品が目に入る事で ぐっと優しく新鮮な空気感が増します。

じっくりと見ていただきたいコーナー。
小さな木製フレーム、
木枠や金属枠のブローチは
丁寧に仕上げられた正に手工芸品という印象
日本画の絵の具を使用した着彩や様々なステッチの刺繍を施した独自の技法が光ります
その半立体の質感や色彩に
どこかしら懐かしい温もりを感じ 遠い昔にタイムスリップしたような気持ちを起こさせます

『柚子』
岩絵具・透膠液・イカ墨インク・絹糸・水彩紙(アルシュ)


木目の優しい洋紙に 天然の絵具の美しさ・絹糸の光沢や立体感を生かした
日本の季節感のある描写的な作品
葉っぱや柚子のつぶつぶ感には様々なステッチの刺繍で表現されています

「ミニ月桃刺繍」
絹糸・麻布

愛おしいほどに ひと針ひと針丁寧に刺された刺繍
木枠のブローチは紙のスタンド付き
小さな絵として立てて飾るのがおすすめです。

 

『ミニアネモネ』
岩絵具・透膠液・イカ墨インク・絹糸・水彩紙(シリウス)

主に日本画絵の具で描かれた色彩の綺麗なアネモネ。
写真では伝わりませんが ふっくらとした立体感が魅力的な作品。
花びらや葉っぱの一部、萼部分にとても繊細に刺繍が刺されています

表面の艶や絵の具のザラつきなどの風合いをぜひその目でお確かめください

IMG_7210『りんご回転』
岩絵具・透膠液 イカ墨インク・絹糸 水彩紙(シリウス)
『植物のブローチ』ラナンチュラス いちご
岩絵具・アクリル絵具・UVレジン(手描き)

「りんご回転」は彼女の instagaramに その工程が画像付きで投稿されています
描いた
りんごの表面に繊細に刺された刺繍ステッチ。
落款も刺繍です。紙に刺繍をするのはとても大変そう。 
耳なしくまinstagram
ブローチは40と30mm。美味しそうなゼリー菓子の様な風合いです。

『植物のブローチ』
ヴィオラ 薔薇 りんご ほか

岩絵具・アクリル絵具・UVレジン(手描き)
40mm・30mm 金属枠の
20mmは非売

ミニミニサザンカ』
岩絵具・透膠液・アクリル絵具・
キノキ枠・水彩紙(セザンヌ)
11.5mm角。お砂糖菓子のような風合いです

IMG_7527『植物のブローチ』
アネモネ ゆず


草花本来の みずみずしさと調和が伝わってくる・

そして同時に 作者の 手元にある魅力的な素材で表現したい気持ちも伝わってきます

◆ .◆ .◆ .◆ .◆ .◆ .

耳なしくま(耳無しくま・耳成しくま)

 私はスケッチし始めるのが遅すぎて、花や果実を
よく朽ちさせます。しかし、きらめく岩絵の具で描いたり
絹糸で刺繍を施したりすることで
みずみずしいかのように見せられます
まれに、新鮮な状態で描いたりもありますが。
ぎりぎりまで作っていたできたてのものや、
斬新な手法(岩絵具プラス刺繍やUVレジン)のものもあります
日本画もどき(洋紙や防腐剤入りの透膠液等使用)を、
ほとんど学生のころぶりに始めましたが
不真面目だった私には、記憶を蘇らせた、
というより新鮮な気持ちです。
そして、私はONO*では新顔・新人です
@miminashikuma
スケッチ @skech_miminashikuma
◆ .◆ ..◆ .◆ .◆ .

⚠️決してお手は触れないようにお願いいたします⚠️

ブローチは あまりに愛くるしいので つい触れてしまいたくなります
ONO*Spaceでは触れていただけるアクセサリー作品が多い事もあり、
会期中盤より グラスケースを持ってきていただきました。

 


グラスにおさまった小さな世界をご高覧ください⭐︎


MDFパネルにパステルで描かれた大きめのスケッチ画
ガラス棚の名刺サイズの色鉛筆画は即売によりお持ち帰りいただけます


季節の草花をモチーフにした
半立体の絵や刺繍、ミニ日本画、木枠ブローチ、スケッチ画など
とても繊細で丁寧に1つ1つ表現された彼女の感情と
独自の世界をじっくりとご堪能ください。
きっと引き込まれ そしてとても癒されます✨


 三人三様 それぞれの手により時間をかけて表現された繊細な技と
みずみずしい風合いに ほっとした安らぎを感じる空気感。
今回はそんな気分で綴らせていただきました。

会期はあと10日余り。引き続きinstagramほか Onlineにてご紹介を続けて参りたいと思います
そしてSpaceでは引き続き時間ごとに換気を行い、感染対策に努めさせていただきます
どうぞFreshな気分でRefreshしてただけたら幸いです

*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・* 

<出展作家のご紹介(あいうえお順)
 浅井マリ(色鉛筆画)
奥山純子(ボタニーペインティング)
白﨑 摂(ガラス作品)
鈴木まき(七宝  – 額絵とアクセサリー -)
 たがわゆきお(水彩画スケッチ)
耳なしくま(UVレジン、岩絵具等、ミクストメディア)

*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・* 

 

 *・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*



2F Space
  ONO*第4回  公募展
 
  Fresh & Refresh

1F Space  アクセサリー企画展   
Seaside Breeze 
海辺のそよ風〜

5月26日(木)〜6月26日(日)
12:00 – 18:00/金曜は13:00 – 
月火曜定休/最終日は15:00まで


 

1F Space 海辺のそよ風 開催 ⛱🍃


6月に入り、ますます夏の空気を感じる日が多くなりました⛵️
今年はより リゾート気分を味わっていただけるONO*Space。
1F Spaceでは夏のアクセサリー展「Seaside Breeze 〜海辺のそよ風〜」がスタートしました
ショーウインドウには miru のコーラルピンクのアクセサリーを。
海の香り感じるディスプレイ✨
静かに波の音が聴こえてきそうです🌊🐡


Spaceに入るとglass art aoitori の涼やかな水雫のような
ガラスのネックレスが目に留まります

今季の企画展は初めてお披露目させていただくmiruブランドと
昨夏に初めてご案内した glass art aoitori 繰井みちるさんの
アクセサリーをご案内しています。
今回は 作家さん自ら それぞれのコーナーディスプレイをしていただきました

 

左手の木製棚とSpace中央には フランスの麻糸で作る miru の作品をご覧いただけます。
フランス・日本製のガラスビーズ、ゴールド・シルバー色の鎖との組み合わせが素敵な
ピアス・イヤリング・ブレスレット。

中央の丸テーブルとショーケース。
miruの作品は 
【deai】【coral】【tsuki】【forest】【sugar】【kumo】【gin】
麻糸の色彩ごとにコーナー分けがされ
様々なデザインのピアス・イヤリングをご提供
miruオリジナルの什器と共に美しく展示いただきました。

IMG_7112 tsuki -sea anemone –
装着例

丸テーブルには【tsuki】シリーズ。
爽やかなカナリーイエローとブルーの組み合わせは 見た目の印象より とても着けやすく、
爽やかキュートなイメージ。どんな夏服にも寄り添ってくれそうです。

ショーケースは アースブルーの【gin】とモスグリーンの【forest】

-sea anemone- -circle-
– squear- -tassel-

どちらも落ち着いた色合いなので、季節を問わず季節を問わず小粋に付けられそう。
いつもの装いに動きがついて生き生きとした表情に。
街中でも、砂浜を歩いている様なナチュラル気分で♪

 

次は  木製棚の角枠の中におさまったアクセサリー作品の中より 一部ご紹介です

IMG_7126 -planet-
-sea anemone- 
-kusari ring- 
-circle-

【deai】
アイボリーの様なエクリュ色の様な  曖昧で柔らかな糸を使用したタイプ。

IMG_7128 -venus- 
-tassel-  -kusari 

【colal】
コーラルピンクが嫌味のないキュートさを引き出してくれそう
着けると 顔の表情がとても明るくなります

-kusari- -kusari-
-splash-  -tsuru- 

 【kumo】
ライトパープルの麻糸にシルバーチェーンのピアス -kusari- やブレスレット。
ターコイズやマリンブルーのガラスビーズがキラキラと光を放つspiashやtsuruのピアス。

tsuki -circle-

miruは  アクセサリーを身につけない時はお部屋の装飾品として
飾れる什器も自らデザインしています。
スッキリとしたメタリックの滑らかな光沢が麻糸のアクセサリーを引き立ててくれています
こちら、販売も予定されているとのこと。お問い合わせはONO*またはmiru まで。

Seaside Breeze開催期間 展示中の作品よりピアス数点を OnlineShopにもご案内しています

是非 Onlineからも
詳細をご覧ください⭐︎
ONO*OnlineShop
7007

 強さと弱さを持ち備えた 自然体の女性に向けて作る
miruの軽やかなアクセサリーを是非この機会にご覧ください✨


 
IMG_7113Space右手の白い壁面 カウンターには glass art aoitori 作品が並びます

昨夏 初めてONO*にて個展を開催させていただいた glass art aoitori 繰井みちるさん。
耐熱ガラスをバーナーで形成し、水の様な滑らかで水々しい そして優しくキュートな作品を
涼やかにご提供いただきました。
今回も企画展のテーマに似合う、水辺を感じる魅力的な作品ばかりです

【泡沫雫】
気泡が美しくトロリと落ちる水の滴を思わせる涼しげなネックレスです。


IMG_7283

縦型ラインですっきりした印象のペンダントトップ。


水々しい清楚感と爽やかな色の移ろいが楽しく、夏の薄い色のお洋服にぴったりです。
モノトーンや無地のお洋服にも。
色はクリア・彩タイプの 黄水緑・ピンク青紫

【さざめく水面 】
水や海のさざ波をイメージした作品。

まさにキラキラと夏の陽の光を受けて輝く水面のよう。
アーチ形のガラストップが胸元で涼を呼びます。
既にお買い上げがあり、 先日追加入荷いただいたばかりの3点。
AQUA「CLER」 と「水青緑」 そしてLサイズの ブルー「水青紫」

 

水花雫 e1628e07411e65097f8ccd927f3d1c5a

水花雫

緑水に浮かぶ花

水中花のように 水の風合いと華やかなお花との透明感を楽しめるネックレス
こちらもOnline Shopにてもご覧いただけます

鳥モチーフのネックレスも人気の作品。
今回は、今の時季よく目にするツバメをご提供いただきました。
【燕〜光を追って〜】

トップの燕は明るすぎない藍色と赤のコナトラスト。
どんなお洋服にも合わせやすい色彩です。
雨粒のような  クリアの露玉がポイントに着いた動きあるデザイン。
ツバメの体は、よく見るとかすかにラメの入ったガラスである事が分かります。
ダークになりすぎない様、藍色のガラスを上手く使って制作したとのこと。
ほんのり入ったお顔の赤がポイントカラー
OnlineShopにご案内中


イヤリング・ピアスもお届けいただいています⭐︎
昨夏 大変人気だった【ぐみの宝石】
磨りガラスのような半透明の風合い 色のグラデーションが何とも魅力的な粒玉。
耳元でゆらりすると、向こう側から刺す光でふんわりと輝く感じがステキです。

ブルーやパープルのグラデーションの他、シックなピンクや赤・イエローも魅力的です

滴が三つ連なったようなデザイン【時の色】 今年のおすすめは新色のグリーン。
季節を問わず自然の色彩としてアピールできるタイプです

ピアス・イヤリングは全てOnlineShopにご案内中です


IMG_7280 IMG_7281

常設コーナーでは ONO*オリジナル 手ぬぐいセンスやマスク、夏のお便り紙製品
そして、吹きガラスのグラスなどをご案内中です

会期は6月26日まで
この夏のいつもの装いに ほんの少し新しい色彩や素材をプラスして
リフレッシュできるアイテムを探しに
是非 お立ち寄りください♪


 1F Space  アクセサリー企画展   
Seaside Breeze 
海辺のそよ風〜

2F Space  ONO*第4回  公募展
 
  Fresh & Refresh

5月26日(木)〜6月26日(日)
12:00 – 18:00/金曜は13:00 – 
月火曜定休/最終日は15:00まで


 

公募展 Fresh&Refresh🌿 開催<1>


新しい企画展がスタートした途端 夏の訪れ感じる気候になってきました🌞☔️
来てくださるお客様の第一声は「暑っついですね〜(^^)💦」


IMG_7135

ONO*Spaceも夏の空気です⛵️
2F Spaceでは 第4回公募展「Fresh& Reflesh」を開催

正面には夏空を連想する爽やかな作品 『空の歌』が展示されました

奥山純子さんの 蓮の葉を貼りペイントされるボタリーペインティング技法
大空に飛ぶカモメが前向きになるFreshな作品ですね

今年の公募展のテーマは「フレッシュ/リフレッシュ」。
コロナ禍で 部屋に籠る日が続いたり、思う様に過ごせない時期が続いています
大変な思いをしたり遭遇した時 精一杯対処をした後は

ぜひ リフレッシュして・フレッシュな気持ちで 新たな自分を見つけていきたいですね
そんな気持ちを込めて投げかけたテーマに 6人の作家さんがお応えくださいました🌟

IMG_7143ご参加下さった6名のうち 今日のBlogでは
絵画作品を展示して下さった 3名をご紹介致します


 

先ほどご紹介した『空の歌』を制作された 奥山純子さん。
こちらの作品『ひまわり』はこの度の公募展のご案内状の表紙に使用させていただきました
天然の蓮の葉を木製パネルに貼り付け、その上からアクリル絵の具で着彩
その風合いを生かして表現する技法。
蓮の葉を同じ季節に咲く向日葵の花に見立てた 元気を貰える1作です。

『Happy rainbow』
『ひまわり』と一緒に展示された作品。淡い白を基調に色彩のマチエルがとても美しい
放射状に広がる葉っぱの葉脈を異界sた立体感が魅力的な作品ですね

左側のガラス棚コーナーには小作品を。
ほのぼのとした奥山さんの世界をお楽しみいただけます 

『ChildTree』 7266『孔雀』 元気?』
『遊々』
IMG_7264『Dream』 『クジラの時間』 IMG_7203『白夜』 IMG_7205『音の始まり』

生き物を描くのがお得意な奥山さん 蓮の葉の大きな山・木・原っぱなどに
そっと寄り添うように小さく登場するカエルや金魚・鯨や鳥たちがキュートで癒されます
… … …
奥山純子 プロフィール
2009〜2013年 梅野町銅版画工房にて銅版画の技術を学び、
2018年まで 大阪の高槻を中心に銅版画・アクリル画の個展を
開催。
グループ展にも多数参加。
2021年 ボタニーペインティングを始める。
… … …

銅版画の技法でも作品を表現される奥山さん
ポストカードの販売もあります


続いては 海外を旅した際に各名所をスケッチされてきた
たがわゆきおさんのご紹介です


2F Spaceへ上がってすぐの西側の壁面には
ご案内状に使用された作品を含め、9点を一堂にご覧いただけます

… … …
トスカーナを旅する。

1990年から イタリアを中心に南欧を旅すること
数十回を超えることとなりました。
その際に 印象に残る風景を水彩で描き溜めております。
今回は トスカーナの旅の中から展示をしました。
少しでも 皆さんの旅心がくすぐられたら幸いです。
たがわゆきお
… … …

 


Space入口の窓際には2点

京都の街並みに不思議と馴染む 水彩のスケッチ画は観てほっと和みます


ウインドウにもさり気なく飾られています。

IMG_7191どの出展者さんの作品とも調和する たがわさんのスケッチ画は、
スペース左手の壁面に2作品

IMG_7279

中央奥の壁面・左手のガラス棚に1点
様々な所に点在してご案内。
のどかな田園や教会、広場など 異国の空気がダイレクトに伝わってきます

各作品の場所がわかる手描きのMapは
ポストカードの販売コーナーに設置。
是非 作品と共にご覧ください⭐︎🗺

コロナ禍で海外旅行などが活発にできない昨今、
旅気分になれる たがわさんの作品で
こころと気持ちをリフレッシュしていただけたら嬉しく思います🌿

 


浅井マリさんの色鉛筆作品は1つのコーナーにまとめてのご案内です

スペース正面の壁に飾られた2作品。
ブルーと赤が目に入る涼やかな作品です

「楽園Ⅱ」
白い外壁の建物にブルーの花鉢、ブルーのサッシは思わず
スデゥ・ブ・サイドの様な異国の空気を想わせます
爽やかな青空と風を感じるフレッシュな気分にさせてくれる作品
こんな場所でリフレッシュしたいですね。

「海と私」
アクセサリーも作られる浅井さん。
お気に入りのお花形パーツを見つけて、鎖とガラスビーズでネックレスにされました
配色もデザインもとても気に入ったという宝物をモチーフに
砂浜を背景に描かれた作品は 水の透明感が非常に長けた美しい仕上がり。
ブルーと砂の黄土色のグラデーションも自然で 濁りのない澄んだ表現で
色鉛筆をたくみに使いこなされています。

隣に展示された2点も 浅井さんのお洒落な感性が生かされた作品
左から「こんなバッグがあったらステキ!」「楽園」

… … …
幼い頃から絵が好きで 流行りのキャラクター、なりたい女の子、
理想のお部屋などを描くのが得意でした。
数年前から「絵の勉強をしてみたい」と思うようになり、
絵画教室「アトリエ セン」則武千鶴先生に出会い 現在 植物画を勉強中。

私自身がいつも”fresh”で”refresh”できるアイテムや想像の”大好き”だけを集めてみました!
皆さまに楽しんでいただけたら幸いです。
 浅井マリ

… … …

パネル4作品は 絵画教室で描かれた草花絵。
生き生きとした花びらや葉の質感を丁寧に描写されています
花や葉、茎の動きにも表情があり浅井さんの人柄や雰囲気が伝わっくるようです

 

浅井さんの作品は 1FSpaceにも3点展示いただきました
「わくわくつぼみ図鑑」
ボタニカルアートを感じる、描写に優れた作品。
クラフトな紙に描かれている事もあり、少しアンテォークな風合いです。

アクセサリー展示の一角に2点と、通りから見えるショーウインドウに。
「Yummy!」と「お気に入りマグカップ」。
どちらも浅井さんの好きなものばかりだと思うと思わず微笑んでしまいますね。

 


フレッシュでリフレッシュできる素敵な絵画作品をご提供下さった3名をご紹介いたしました。
会期は26日(日)まで。ぜひお近くへお越しのおりにはお気軽にご高覧ください🍃
ほんの少し、木陰でホッと一休みの気分になっていただけたらと思います🍹🌲



2F Space
  ONO*第4回  公募展
 
  Fresh & Refresh

1F Space  アクセサリー企画展   
Seaside Breeze 
海辺のそよ風〜

5月26日(木)〜6月26日(日)
12:00 – 18:00/金曜は13:00 – 
月火曜定休/最終日は15:00まで


 

2F Space 公募展『Fresh&Refresh』ご案内🌿


🌿 初夏の2F Space 企画展のご案内 🌿

春の3人展「NarrativeStyle」開催中のONO*2F Space。
楽しい展覧会とワークショップで盛り上がりの後半を迎えています♩
風と緑を楽しむお散歩帰りに◇ ぜひお立ち寄りください🌱


 さて、5月も終盤を迎える25日より ONO*恒例行事を開催たします
2F Space 2022年 ONO*公募展『 – Fresh&Refresh – 』
*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

ONO*Competition2022
Fresh&Refresh
5月26日(木) – 6月26日(日)
12:00 – 18:00 金曜日は13:00 –
月火曜定休 最終日は 15:00まで

ONO*第4回公募展。
初春に募集をスタート、エントリーいただき1ヶ月で満席となりました🌟
今年は6名の皆さまが それぞれの技法と表現方法で、
2F Spaceに思い思いの作品をお披露目くださいます
✨🌳 今年のテーマは “フレッシュ&リフレッシュ” 🌳✨
植物だけではなく、爽やかな・みずみずしい・
休息・再活・etc・・・

どうぞフレッシュな気分で、
リフレッシュできる空間をお楽しみください
🍀会期中はできる限り感染に努め、皆様のお越しをお待ちしています🍀

<出展作家のご紹介(あいうえお順)
 浅井マリ(色鉛筆画)
奥山純子(ボタニーペインティング)
白﨑 摂(ガラス作品)
鈴木まき(七宝  – 額絵とアクセサリー -)
 たがわゆきお(水彩画スケッチ)
耳なしくま(UVレジン、岩絵具等、ミクストメディア)

*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・* 



2F Space
  ONO*第4回  公募展
 
  Fresh & Refresh

1F Space  アクセサリー企画展   
Seaside Breeze 
海辺のそよ風〜

5月26日(木)〜6月26日(日)
12:00 – 18:00/金曜は13:00 – 
月火曜定休/最終日は15:00まで


 

 

1F Space 夏のアクセサリー展 ご案内


新緑が眩しい5月。GWも終わり、いよいよ夏の空気が待ち遠しい気分です
ただ今  オオナカミカさんの「はりこと和紙コラージュ」をお楽しみいただいている1F Spaceでは

5月26日より新しい企画展を開催いたします⭐︎

 Seaside Breeze 
海辺のそよ風〜
5月26日(木) – 6月26日(日)

12:00〜18:00  金曜13:00〜
最終日15:00まで 月火休館

 🔹
そっと静かに
水の音 砂浜の音が聴こえて来る様な
ふと優しく 風が吹き抜ける様な
夏の浜辺にいった日のことを思い出す
糸とガラスで出来た
爽やかなアクセサリーをご案内いたします
🔹
フランス製の麻糸で作る miruと
耐熱ガラスで作るglass art aoitori。
1つ1つ大切に真心めこて作られた
夏の海辺を想わせる 爽やかな風を感じる
アクセサリーの展覧会です

🔹

この度ONO*では初めてのお披露目となります miru。
フランスの麻糸を使用したナチュラルな風合い感じる
軽やかなピアス・イヤリング。
軽くて気軽に着けられるカジュアル感も魅力ですが
ゴールドとさりげなく揺れる輝きは
さまざまなシュチュエーションで活躍しそう。
ぜひ手に取って身につけてご覧ください

miru
鏡の中のあなたが笑顔になれる
強さや弱さ 全てが美しさに変わる
自然体な女性へ向けた
アクセサリーブランドです。

instagram @miru_ts


 


昨夏、ONO*では初めてご披露目させていただいた Glass Art aoitori 。
耐熱ガラスで造形された  とろりとした柔らかな
美しいフォルム・涼やかな透明感・
温かな風合い・水を感じる水滴や雫のような形や、
ほのぼのとした鳥や花も登場する 繰井みちるさんの優しい世界を
この夏もぜひお楽しみください。

Glass Art aoitori

水のイメージに近く表現できるHot Glassに出会い
花や水の作り出す自然の恵みから制作へのヒントをいただきながら
「和らぎ」を感じるガラスの制作ができればと取り組んでいます。

Twitter @glassartaoitori instagram  @glass.art.aoitori


 ⛵️ 夏の常設コーナー⛵️
🐟 和知篤司  吹き硝子の器
🐟 岩田けいこ  ステンドグラスルームアクセサリー
🐟 ONO*オリジナル製品(手ぬぐいマスク・扇子・ステーショナリーほか)