💎1F Space 💫煌めく夏のご褒美💫💎



✨🐠 6月に入りONO*はますます充実した夏空間 🐠✨

1F SpaceではGlass Art aoitori 繰井みちるさんの作品展がスタートしました☆

ONO*では 硝子のアクセサリー展の開催は初体験💫
以前からあったかのように違和感なく
Spaceは心地よい空間となりました


ガラスの形成技法の一種 バーナーワーク
(ガラスをバーナーの炎によって溶かし形成する)
技法によって制作された
ペンダント、イヤリング・ピアス そしてオブジェ。

どの作品も繊細で色彩豊か。とろりとした硝子の煌きを
観ているだけでうっとりと癒され心安らぎ 今の季節にぴったりです。

特に 最も観ていただきたい作品といっても過言ではない
こちらの「紫陽花オブジェ」

開花した一輪の 硝子の紫陽花。
可憐でさり気なく、みずみずしい風合いです。

耐熱ガラスを様々な青・紫・水色・透明など溶かし合わせ
葉や茎も単色ではなく様々に混ぜて色とりどりの
ブルー系の紫陽花を表現されたとのこと。
Spaceでは吹きガラス作家 和知篤司さんのソーダポットに刺してディスプレイ。

お気に入りの一輪挿しやグラスに刺したり、
安定する所にころんと置いてあっても魅力的です


ショーケースに飾っているのは先月のBlogでもご紹介した
ネックレス「煌めきの露」 。

ブルーを基調にした様々な色彩の硝子の粒がリース状になったペンダントトップ。
大中小のサイズをご提供いただいています
中でも小サイズはこのシリーズの新ヴァージョン。
工程が少し違う事から中心が空洞ではなくクリアガラスの透明感を味わえます

「煌めきの露」大・中サイズについての みつるさんご本人からの説明です

〜耐熱ガラスを高温の炎で溶かし、
土台のガラスの上に一粒一粒のつゆを溶かし込みます

透明の露の上に幾つもの色を溶かしていますので
角度のより様々なブルーや緑の光が煌めきます〜


〜耐熱ガラスの特徴で、つゆは土台の硝子に容易になじまないので
一粒一粒慎重にじわじわと
時間をかけて全部が溶け込まない様注意しながら溶かしています〜

 


〜非常に軽い耐熱ガラス。
夏ならばワンピース。秋冬はセーターなどの装いに
良く似合うガラスジュエリーです。〜


カウンターに並んだ一花の紫陽花を連想する「四ひらの花」シリーズは
随分少なくなり ラベンダー色のペンダント・
水色のフープイヤリングのみとなりました

〜紫陽花の花を思わせるような四ひらの花のネックレス。イヤリング。
もちろん、季節問わずお花のモチーフとして、ご利用頂けます。
ペンダントはシュワシュワとしたラベンダーピンク、
現在入手困難なゴールドアメジスト色、クリアのガラスなどを熔かし込んでいます。
水色イヤリングはゴーストというオパール的な乳白で幻想的な光沢のガラスを挟み、
水色青色などを熔かし込んでいます。
白背景と、黒背景では違ってみえて、とても不思議な色合いです。
軽くて丈夫な耐熱ガラス。
夏のすっきりと見せた首回りにさわやかに映えます。〜

白い壁面には存在感のあるペンダントが多く並びました

静寂の水底~水中花ネックレス

シュワシュワと気泡が浮かぶ深い水の底に咲く水中花を印象つける美しいガラストップ。
透明な部分や色ガラスの美しい部分もあり、お洋服によって様々な表情に変わります
見た目より軽く、気軽に着けやすいネックレスです

〜管状の耐熱ガラスを用いて水中花のようなお花を制作し、
泡を閉じ込め上下に色を配しています。〜


〜お花が深い水の中で静かに息をしているかのような
静けさを感じるネックレスです。〜

みちるさん のネックレスには水中花のような
水に咲く花のようなテイストの作品が
幾つかあります

こちらは最も存在感を放っているロングネックレス「緑水の花」
水に浮かぶ睡蓮をイメージした花は見事✨
スワロフビーズの鎖も素敵ですね💎

泡花玉ネックレス ブルー「泡花玉  ネックレス」

〜水底で開花した青い水中花、コロンとした丸みと泡と透明感が
さわやかで
夏の装いにふさわしいネックレス。〜

「光の繭  ネックレス」

〜細く長く熔かした耐熱ガラスを炎の中でレース編みをするように、
球体状にゆっくり時間をかけて溶着して、卵型の色ガラス三つを閉じ込めています。〜


〜庭で見つけたひそかな光  繭の中に三つの命
大切な何か。〜

 

ネックレスは小箱入りなので贈り物にも最適
鎖の長さや留め金のタイプなどはOnlineShopに詳しく掲載しています
様々な角度から是非ご覧下さい🎁


人気のグミシリーズ。様々な色合いやグラデーションがキレイ✨🍬✨


磨りガラスの様な風合い 甘いグミのような色鮮やかなイヤリング・ピアスです🍬

その他 みちるさん が心を込めて作られた1点もののオススメ作品の数々
徐々にOnlineShopに出展しています

sns (instagram / facebook / twitter)は毎日個々の作品を投稿中。

Glass Art aoitori ONO*初個展 実店舗での会期は27日まで。
ぜひ  時々のぞいてみて下さいね♪


1F Space     

Glass Art aoitori  煌めく夏のご褒美
6月27日(日)まで開催
atelier subaco めざめの森の詩 うた  – 初夏編 –
4月28日(水)–  6月27(日)(予定)

12:00~18:00  金曜14:00~18:30 最終日は15:00まで
月火曜定休

 

💎1F Space 煌めく硝子アクセサリー展ご案内💎


5月27日より 1F Shop Spaceでは、この度 ONO*では初めてのご紹介

Glass Art aoitori 繰井みちるさんの ガラス作品の展覧会がスタートします!

*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・* 

ONO*1F Space      煌めく夏のご褒美
Glass Art aoitori feel happiness charm〜  
5月27日(木)〜6月27日(日)
12:00~18:00  金曜は14:00~18:30 
月火曜定休/最終日は15:00まで

きらめく夏01snsGlass Art aoitori 繰井みちるさんのガラスのきらめきを感じる
ペンダント・イヤリング・ピアスをメインにした小品展。
軽やかで夢見る様なブルーを基調とした色彩と、硝子のとろりとした優しい輝き。
水の様な自然素材を思わせる柔らかな表現力に魅了されます。
モチーフは 花・鳥・雫など。小さな愛おしい硝子の粒をお楽しみください✨

*・・・・・*・・・・・*
Glass Art aoitori 繰井みちる

どこにもない物を作り出すことへの憧れがありました。
水のイメージに近く表現できるHotGrassに出会い、

花や水の作り出す自然の恵みに感謝し、制作へのヒントを頂きながら
「和らぎ」を感じるガラスの制作ができればと取り組んでいます。
様々なシーンで輝く、「小さな光の種」を生み出せたらと願って・・。

大阪生まれ。 同志社大学文学部英文学科卒業。

アパレル商社、フランス系服飾専門校勤務を経て
悠悠(奈良)にて宙吹きガラスを学ぶ独自に蜻蛉玉、ガラスアクセサリーも制作
以後毎年、ギャラリー・百貨店企画展など、展示販売活動
現在は主にガラスバーナーワークの技法により
「Glass Art aoitori」としてアクセサリー、帯留、生活雑貨など制作。
大阪工芸展産業クラフト部門 新人賞・奨励賞(耐熱ガラス)
instagram @glass.art.aoitori
*・・・・・*・・・・・*

ご案内状にある以外に ご提供いただく作品の一部をご紹介いたします


こちらは「煌めきの露」というペンダント。
透明にブルーを基調にした様々な色彩の粒が施されたリース状のトップは魅力的です
こちらは他の色仕上げも数種ございます

作者の言葉
耐熱ガラスを高温の炎で熔かし、土台のガラスの上に
一粒一粒のつゆを熔かし込みます。
透明の露の上にいくつもの色を熔かしていますので、
角度により様々なブルーや緑の光が煌めきます。
耐熱ガラスの特徴で、つゆは土台のガラスに容易にはなじまないので
一粒一粒慎重にじわじわと時間をかけて全部が溶け込まないよう
注意しながら熔かしています。

非常に軽い素材の耐熱ガラス。夏ならばシンプルなワンピース、
秋冬にはセーターなどの装いに
良く似合うガラスジュエリーです。

 

そして☆ こちらは店主も愛用中のイヤリング作品「光の種」。
雫の美しいフォルムや煌きがたまらなく魅力的で、硝子なのに非常に軽い☆
✨オススメの1品です✨

作者の言葉
ガラスの中でも非常に軽くて丈夫、透明度の高い耐熱ガラスで制作
揺れると、上下の刻みのデザインにより、きらめいて、光を放ちます。
ぷっくりした部分が、やわらかい印象。日常の中に、何かのきっかけとなるひらめき、きらめきを生む「種」のような存在になれたら幸いです。

滴~時の色~ブルーなんともとろりとした水の様な風合い💙
3つの粒の中心にあるブルーが魅力的な「滴~時の色~」
フープイヤリング/フックピアスです
他 無色透明のタイプもあるとのこと。

作者の言葉
滴が三つ連なったようなデザイン
季節、時間、それぞれの時を映し出す硝子。
うるおいの輝きとなるイヤーアクセサリー。

*・・・・・*・・・・・*
その他にも  幸運を呼ぶ青い鳥をモチーフにしたペンダントや
色と風合いが美しいグミシリーズなど、まだまだご覧いただきたい作品はいっぱいです☆
自分へのご褒美様に・大切なあの方への夏の贈り物に💝

外出がままならない時期が続いています
今展もOnlineにて沢山作品を観ていただけるよう、snsにも随時ご案内して参ります
会期中はOnline Shopにも出展いたします
是非 画像で素敵な作品の数々を楽しくご覧下さい
#onoどこでもギャラリー

 *・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*  



2F Space
  ONO*第3回  公募展
 – Plants  –
4月28日(水)〜6月27日(日)
前期 :  4月28日〜5月23日
後期 :  5月27日〜6月27日
12:00~18:00  金曜日は14:00~18:30
 月火定休 ㊗️OPEN
各会期の最終日(5月23日/6月27日)15:00まで
* 5月26日は 展示替え休館となります

1F Space      煌めく夏のご褒美
Glass Art aoitori 〜feel happiness charm〜  
5月27日(木)〜6月27日(日)
12:00~18:00  金曜14:00~18:30 
月火曜定休/最終日は15:00まで

 


 

1F Space 🌹初夏の楚々*ハンドメイド🌹


ポカポカ陽気☀️と突風つきの雨☔️🍃 を繰り返す

ゴールデンウィークのスタート🎌

でも 日中は心地よく、爽やかなそよ風が吹いています🍃
今日も心地よいお天気🌞

ONO*1F Spaceでは『初夏の楚々*ハンドメイド』がスタートしました☆

Spaceに入り階段下のコーナーとショーケース。
その奥の展示棚に、jumelle(じゅめーる)さんの
出来立てホヤホヤの新作が並びました✨

今回のONO*からのイチオシは
Spaceオリジナルにて制作いただいたレター型のポーチ✉️

機械刺繍や手刺繍をほど越した jumlle人気のお花のブローチと
同じ絵柄がワンポイント入ったポーチは、
手触りの良いリネン生地で作られています。

美しい色合いのリネンで縫製された三角形の蓋を開けると、
柔らかい素材のコットンの内布。

立体感を感じるお花の刺繍と相俟って心ときめく優しいデザインです。


マスクやスマートフォン、手帳、通帳が気持ちよく入るサイズは
バッグにインしたり 外見せでクラッチにしたり
お部屋の小物入れ&インテリアアクセサリーとして飾っても良さそうです
ベッドの側に置いて薬💊や眼鏡ケース👓としても。


jumelleロゴ付きが嬉しい裏ポケットもgood!
こちらは3柄 限定品 各1点のみ オーダー制作の場合はお日にち頂戴いたします


そして、jumelleさんからのイチオシは
オリジナル母の日カード付きのブローチ

 対象作品は
すずらん刺繍ブローチ

8653母の日
ラベンダー刺繍ブローチ


ミモザ刺繍ブローチ
そして、

あじさい刺繍ブローチと、
あじさいストールピン
あじさいモチーフは どちらも3色展開でご提供いただいています

全てOnlineShopに出展しています
ご注文の際にご希望コメントをいただきましたら
カード付きのラッピングをさせていただきます🎁 

*出展中の作品がsold outの場合は受注対応となり、1週間〜10日のお日にちを頂戴いたします

その他 初夏にぴったりの新作や人気の作品を
たくさんご提供くださっています
sns (instagram / facebook / twitter)は毎日個々の作品を投稿中。

会期は23日まで。
ぜひ  時々のぞいてみて下さいね♪


1F Space     

jumelle 初夏の楚々*ハンドメイド 
4月28日(水)〜5月23日(日)
12:00~18:00  金曜14:00~18:30 最終日は15:00まで
月火曜定休・㊗️OPEN

atelier subaco めざめの森の詩 うた  – 初夏編 –
4月28日(水)–  6月27(日)(予定)

12:00~18:00 /金曜は14:00〜18:30/ 月火曜定休
5月26木 展示替え休館/(5月23日・6月27日)は15:00まで

 

 

めざめの森の詩 🌲初夏編🌲会期延長のご案内


1ヶ月間の春のイベントは 明日25日(日)にて終了、
28日より初夏のスタートです🌿

 atelier subako(アトリエスバコ)さんのONO*での初個展
『めざめの森の詩』は、 お陰様で大変好評☆
多くの皆様に「作品を見たい」というお声や、お求め・リクエストをいただき嬉しい限り。
そして、作家さんのご好意により 会期を延長させていただく運びになりました🌟🌟🌟
 
めざめの森の詩 - 初夏編 -『めざめの森の詩 – 初夏編 – 』と題して、1F Space 奥のコーナーにて
jumelleさんの『初夏の楚々』と共に”初夏ヴァージョン”のご案内をさせていただきます。
春編にてご案内しておりました作品の中より ONO*が初夏のSpaceに向けてセレクトし
atelier subacoさんより新作をご提供いただきます。会期は4月28日より。
只今制作中 出来立てホヤホヤの新作は徐々にご案内となります
 
6月末ごろ終了の予定をしておりますが、作品の状態により変更させていただく場合がございます
あらかじめご了承のほど宜しくお願い致します。

初夏編の展示作品は28日開催後、 sns、OnlineShopにも徐々にご案内してまいりますので
引き続きご覧いただけましたら嬉しく思います^^

<OnlineShop 及び 通販ご希望について>
春編のご案内作品は一旦終了とし、4月25日までお求めいただけます。
初夏編ご案内の作品は4月28日に決定後 準備が出来次第 Online Shopへ出展致します
長い会期となりますので 是非じっくりとご覧いただけましたら幸いです
作品のオーダーやご予約のお問い合わせにつきましては、
『めざめの森の詩 初夏編』出展用作品を優先とさせていただいておりますので
仕上がりにお時間を要します。お待たせいたしますが宜しくお願い致します。
また、1つ1つの作品を型無しで その都度制作されますので
OnlineShopでの画像と仕上がりに相違がございます事をご理解の上
お問い合わせをいただきますよう 宜しくお願い致します

 



1F Space     

jumelle 初夏の楚々ハンドメイド 
4月28日(水)〜5月23日(日)
12:00~18:00  金曜14:00~18:30 最終日は15:00まで
月火曜定休・㊗️OPEN


atelier subaco めざめの森の詩 うた  – 初夏編 –
4月28日(水)–  6月27(日)(予定)
12:00~18:00 金曜は14:00〜18:30/ 月火曜定休
5月26木 展示替え休館/(5月23日・6月27日)15:00まで

 


2F Space
 

ONO*第3回  公募展  – Plants  –
4月28日(水)〜6月27日(日)
前期 :  4月28日〜5月23日
後期 :  5月27日〜6月27日
12:00~18:00  金曜日は14:00~18:30
 月火定休 ㊗️OPEN
各会期の最終日(5月23日/6月27日)は15:00まで
* 5月26日は 展示替え休館となります
 

 
 
 
 
 

 

💠1F Space 初夏の楚々 ご案内💠

 

1F Space jumelle 刺繍アクセサリー展のご案内
*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

1F Shop Spaceでは、京都で制作されている jumelle(じゅめーる)による
刺繍のアクセサリーや布小物の展覧会を開催致します。


ONO*では大変人気でファンも多い jumelleのアクセサリー。
ナチュラルな素材に拘り、機械刺繍と手刺繍を組み合わせて
丁寧に作られたハンドメイドのブローチ、イヤリング、ピアスは 丈夫で軽やか。
そして どんなお洋服にもそっと寄り添いセンスよく観えると定評があります。
一度着けるとリピーターになってしまうその魅力は、

着けた時の全体の様子、色合いや大きさ、着け心地などを
じっくりと考え抜いてデザインされているから。

作者の (お届けした方が少しでも癒され、喜んで下さったら…)という気持ちが込もっている証拠。
着けた人が主役になる 作品が生き生きとする そんな思いを持った人柄ならこそですね✨
初夏に似合う 爽やかで楚々としたモチーフや色彩、素材でご案内いたします


*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*


今回はアクセサリー以外にONO*からのリクエストにお応えいただいて

スマートフォンやマスクが入る素敵なポーチも制作して下さいました☆
風合いのあるリネン生地 内側は優しいコットンが使用された封筒形のポーチは手洗いもOK!
バッグにinしても良いですが、ちょっと見せびらかして持ちたい気分になりますね☆
ブローチとお揃いで贈り物にも最適です。

そして☆ 特別に作家さんからのご好意により
母の日の贈り物にされる方にはjumelleオリジナルメッセージカードを添えさせていただきます💐

外出がままならない時期でもあります
今展もOnlineにて沢山作品を観ていただけるよう、snsにも随時ご案内して参ります
会期中はOnline Shopにも出展いたします

是非 画像で素敵な作品の数々を楽しくご覧下さい
#onoどこでもギャラリー

 *・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*  



2F Space
  ONO*第3回  公募展
 – Plants  –
4月28日(水)〜6月27日(日)
前期 :  4月28日〜5月23日
後期 :  5月27日〜6月27日
12:00~18:00  金曜日は14:00~18:30
 月火定休 ㊗️OPEN
各会期の最終日(5月23日/6月27日)15:00まで
* 5月26日は 展示替え休館となります

1F Space     jumelle 初夏の楚々ハンドメイド 
4月28日(水)〜5月23日(日)
12:00~18:00  金曜14:00~18:30 最終日は15:00まで
月火曜定休・㊗️OPEN

 


 

春のめざめのOPEN🌳1F Space

春本番ですね♪
時折吹く風や雨が花の開花を誘います🌸

mokuren
今年は一際 暖かな気候の京都。御池通りの白木蓮も昨日まで満開
桜の花も一足早く開花の便りが届きました

2021onoopen
いよいよ ONO*実店舗Space   2021年春のスタートです☆


この春も素敵な作家さんたちにご協力により
楽しく充実した作品を数々をご覧いただける
展覧会を開催させていただいています

1F Spaceは この度初めてご案内するatelier subacoさんの個展『めざめの森の詩』です
atelier subako(アトリエスバコ)さんは 生物のオブジェを制作するアーティスト。
京都では初めての個展となります。
 
型紙を使わず、様々な風合いの素材をフリーハンドで縫い合わせ生み出された
陸や水辺、空に生息する生き物たち
その表現力の素晴らしさ 生き生きとした様子にに思わず元気をもらえます♪
 
ONO*Spaceはすっかり森の中に居るような空気感🌳
緑の香る風や、元気で優しい鳴き声、囁きを感じて来そうです🐦
 
めざめの森の詩オブジェ作品は、壁にかけるトロフィーやフレーム
コーナーに飾るスタンドタイプ

天井から吊るすモビールタイプと、様々な飾り方🐰🐰
空間の至る所を楽しんでいただけます


それぞれに使用されている素材は 肌触りや光沢、透け感や輝き🐸
そしてセンスの良いデザインや上質感を楽しめるような工夫を感じます🐘


お部屋だけでなく、胸元に飾るアクセサリーも🌺
アネモネやクローバーなどのお花のブローチもショーケースに咲きます🌷

めざめの森の詩 
atelier subaco さんが名付けた個展のタイトル『めざめの森の詩』。
長い冬の眠りから そっと、ヌクヌクと動き出したキュートな生き物たち

 

自由でネイチャーな開放感☁☀
会期中は 個々の作品画像をsnsにて投稿 ご案内いたします
OnlineShopにも徐々に出展予定☆ 
こちらでは写真で作品の細部を観ていただく事ができます


春の目覚めを感じるスペースへ是非
訪れてみてください♪

 



ONO*Atelier&Space 2021 Spling exhibition
2F Space 
コラージュ三人展 COVER

1F Space 
atelier subaco 
めざめの森の詩 うた

3月20日(土祝)–    4月25日(日)
12:00~18:00 金曜は14:00〜18:30/ 月火曜定休
2F Space 最終日は15:00まで

 

 

 
 
 
 
 
 

 

1F Space🌳🐰🌷春の企画展ご案内🍀🐦🐸🌳


ONO*1F Space  めざめの森の詩うた)
*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

ONO*2021年 1F Shop Spaceのスタート
今年は、冬からめざめた森に彷徨ったような、ネイチャーで・ワクワクした 
生きものたちに出会える楽しい作品展です🐰🐦🌷🐸🍀🐛🌳



atelier subaco めざめの森の詩
atelier subaco 個展 
めざめの森の詩うた
320日(土)- 425日(日)
12:00 – 18:00/金曜日は14:00 – 18:30/月火曜定休
この度ONO*から初めてご案内する atelier subaco(アトリエ スバコ)さんの動物オブジェの展覧会
自然や生物に愛着を持ち、様々な素材を 型紙無しで自由に表現された作品たち。
観ているだけでココロがほっと癒され、手に触れた時、その温もりに癒されます。 
Spaceは生き生きとした森となり、ジオラマな世界を感じていただけることと思います。

めざめの森の詩 atelier subacoatelier subaco Introduction

幼い頃、動物たちに囲まれて植物や土のにおいを感じながら野山で育ちました。
動物たちはいつも純粋で優しく、花は細部にわたるまで美しい、個性を持った表現者です。
そんな自然の魅力を日常の生活の中でも身近に感じられるように、動植物のオブジェを制作しています。
動物たちは針金で骨格を作るところから始まり、一体一体手縫いで仕上げる型紙の無い作り方です。
使う素材も布地だけでなく羊毛や革、真鍮など様々なものを組み合わせて制作しています。
見てくださった方の心が癒されたり、楽しい気持ちになっていただけたら幸いです。


*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*
2019年 Atelier salonヤマネコ。さん主宰のグループ展に参加出展されていた際、
ONO*の空間にとても馴染んでくれていたオブジェたち。
その後、「ONO*での企画展に是非」と お話を進めさせていただき、
この春ようやく開催できる運びとなりました。
会期中は Spaceへお越しいただけない方々の為に
オンラインにて作品のご紹介を更新予定です
Spaceでは 新型コロナウイルス感染防止の為、換気と除菌に勤めつつ
皆さまのお越しをお待ちしております☆

冬眠明けの生き物たち。花さく春のONO*の森へ是非訪れてみて下さい♪

最終日は15:00より2F Spaceの搬出入が行われます為、
 ゆっくりとご高覧いただけない場合がございます。
 なるべくお早めにお越しいただけますように宜しくお願いいたします



ONO*Atelier&Space 2021 Spling exhibition
2F Space 
コラージュ三人展 COVER

1F Space 
atelier subaco 
めざめの森の詩 うた

3月20日(土祝)–    4月25日(日)
12:00~18:00 金曜は14:00〜18:30/ 月火曜定休
2F Space 最終日は15:00まで


 

 

煌めく冬の森🎄開催中🌟

 

ONO*今年最後の企画展 『煌めく冬の森』スタートして早 1週間が経ちました
毎日がめまぐるしく過ぎ行き、OnlienShop出展の準備などに追われてしまい
こちらのBlogの更新が少し遅くなって申し訳なく思います🙇

 

5246_1まだ暖かく紅葉が美しい時季から🍁1F Spaceはタイトル通りの
優しい煌めきを放つ作品でいっぱいの空間になりました✨


まず 入り口コーナーは 陶芸家 元橋みぎわさんの 金彩が美しいアクセサリーが並びます。

 


特に目を惹くのは 企画展のテーマ『煌めく冬の森』を連想させるような白い陶板壁飾り。
陶でつ作られたステキなルームアクセサリーです。


今回は人気の鳥のブローチの他に 新作デザインのペンダントやピアス・
イヤリングもご提供いただいています

主にガラスショーケースや

木製棚にも人気の鳥のブローチが 様々な模様のタイプでお披露目です🐦
陽の光を受けると金彩がキラリと煌めきます。
みぎわさんのアクセサリーは 純度の高い金を使用されているので
輝きが自然で上品。可愛い好きの 大人の女性にも人気です✨

 

今回はステンドグラス作家 岩田けいこさんとの二人展。
ミラーで出来たウォールアクセサリーと陶板を一緒に飾り、
それぞれの質感の魅力が融合した森の絵です🏠🌙


Space中央は ステンドグラスのオーナメント・ランプ・ウォールアクセサリーを飾り、
透明感と硝子の色・風合いを楽しめる空気感になりました。


5360今回は ミラーと藍色のガラスを組み合わせたツートンタイプの作品を多くご提供いただいています
深い海の様な藍色の波模様と、ミラーの組み合わせは、日差しやライトの灯りのより、
キラキラと毎日違う表情を見せてくれます。


天使やLEDランプのオーナメント、3連のキラキラシリーズがステキな影絵を作ってくれて
ゆったりとしたSpaceは奥行きのある空間になりました。

5379新作のランプや また、クリスマスモチーフのオーナメントもたくさん🎄

出来る限り 少しづつではありますが ご紹介して参りたいと思います🌟
作家さんにご理解いただいて 今回も 展覧会会期中の期間限定にて
オンラインにてご購入もいただけます。

是非 いち早く作品のご紹介投稿をしている snsや、OnlineShop へお気軽に来て下さいね🎁


 煌めく冬の森 Sparkling Winter forest
– ステンドグラス/陶のアクセサリー –
2020年 11月29日(日)〜 12月27日(日)
12:00〜18:00 /毎週金曜日は14:00〜18:30

ONO*Spaceは 吹き抜け階段・3箇所 排煙窓のある 比較的空調の良い環境です
感染予防対策の為、時折換気を行い 空気の入れ替えに勤めておりますので

少し寒い事もございますので暖かい服装で、マスクを装着の上お立ち寄り下さい😷🍀

 

 

🎄冬の煌めく展覧会 ご案内🎄


ただ今 秋の企画展開催中の1F Sapceでは 11月29日より冬のムードへ🎄

🌟煌めく素敵な展覧会が始まります🌟

煌めく冬森DM2

ONO*1F Space
煌めく冬の森  Sparkling Winter forest
– ステンドグラス/陶のアクセサリー –
2020年 11月29日(日)〜 12月27日(日)
12:00〜18:00 /毎週金曜日は14:00〜18:30

 

この冬の企画展は 「ステンドグラスと陶器」 という、異素材でありながら
表現力と伝わる心地よさがリンクする、お二人の作家による作品展となります。

昨年初めて個展を開催して下さり 金彩の絵付けが素敵な陶芸家 元橋みぎわさんの
陶器のブローチやイヤリングなどのアクセサリー。
これまで夏季・冬季と個展を開催されている ONO*ではファンの多い
ステンドグラス作家 岩田けいこさんの ペンダントランプ やオーナメント、
ウォールアクセサリーなどのお部屋に飾る装飾作品。
お二人とも  作品に登場する 鳥や木、お家などのモチーフがキュートで
押し付けがましくないセンスと そして温もりを感じます。
絵付けされた純度の高い金彩 ステンドグラスの美しい色硝子、
2種の輝きや煌めきを ほのぼのとしたモチーフと共に是非お楽しみ下さい

煌めく冬の森 ステンドグラス岩田けいこ岩田けいこ
女子美術短期大学 ディスプレイデザイン科 卒業。
佐々木硝子(株)デザイン室入社。
退職後 ステンドグラスと出会い 「身近に感じて親しんでもらえるような、
ときめくステンドグラスを」と日々制作中。
Keiko Iwata ランプのある生活   instagram @coo719

煌めく冬の森 陶アクセサリー 元橋みぎわ元橋みぎわ
2003年から清水焼窯元に6年間絵付け師として作陶に関わり、
のち 2009年より京都の自宅アトリエにて器や小物、アクセサリーの制作を始める。
近年は 陶器の素材、質感を生かした 身近で楽しめるものをコンセプトに
木や鳥、植物をモチーフに金彩や色絵で装飾したアクセサリーを制作
イベント出展を始め、展覧会や個展を開催。 instagram @migiwa88

 

🍂実りの休憩🍂開催中♪

1F Space 企画展 🍁実りの休憩🍁

11月。朝夕肌寒いですが、お散歩が楽しい、歩くとホカホカと心地よい気候になってきました♪


 Blogの公開が遅くなりました; 1F Spaceでは  秋の企画展がスタートしています☆

今季は ONO*では初めてのご紹介となるお二人の作家さんによる展覧会。
10月の過ごしやすくなり始めた頃より1ヶ月半の会期にて 作品をご案内しています

スペース右側のカウンターには monshieさんの刺繍作品をご案内
ブローチとして制作された作品を額に入れて飾りました

左手の木製棚には 田頭由起さんの絵付けが魅力的な陶芸作品をご案内
カップ・お茶碗・トレー・お湯のみ。小鉢などなど 沢山のアイテムが並びます

それぞれの作品を合わせてディスプレイしたショーケースも楽しんでいただいております^^

今回は 直接スペースへお越し頂けない方の為に
オンラインにて作品画像をじっくりとご覧いただき また ご購入もいただけるように
作家さんにご了承いただき 会期中はOnline Shopへの出展をしています

ただ今スペースにて展示中の作品の中より少しご紹介


 


monshieさんは 刺繍で独自の世界感を表現しブローチを作るアーティスト。
絵本を開いた様な 奥深いストーリーを感じる作品は 二度と生まれて来ない1点もの。
自由に生み出されている作品から そんな魅力がガンガンと伝わってきます。
フエルト地に刺されたビーズや色彩豊かな糸の風合いは うっとりするほどきめ細やか。

                           『巣穴の音楽家』¥4,300

『Only you』 ¥4,000

『ソックスの背中で一休み』¥4,000

会期がスタートしてから 随分 素敵な作品がお嫁に行ってしまったので、
昨年ONO*が購入させていただいたmonshieさんの作品より、本日特別出展いたしました☆   
『yama ni neko』¥4,400

『ヒカリドレスのクロス』¥2,500

その他にも まだまだ魅力的な作品があります 是非 11月23日ままで オンラインにてご覧下さいね

 


陶芸家 田頭由起さんの作品には 1点1点に ほのぼのとした絵付けがほどこされているのが魅力。
古来の文様を作者のタッチでアレンジされた模様の中にさり気なく小さな鳥や唐子が登場してきます
ご案内状にも登場した ぶどうのマグ も  残り1点となりました
ぶどうと鳥のマグカップ(蓋小皿つき) ¥4,700 +tax

『花唐草と鳥マグカップ』¥3,700 +tax
200ml たっぷり入るマグカップ。
赤い土に白い泥を流し掛けて、引っ掻くことで下の赤が見える
「搔き落とし技法」で描かれた絵付けは、牡丹のような花の唐草模様に鳥。
柔らかいフォルムと色合いがほのぼのと癒されます。

 

花器リース(ツリー) ¥3,700+tax
リースの壁飾りは田頭さんの人気アイテム。小さいタイプは一度完売
追加納品2点を
早々にOnline に出展いたしました☆
印花(インカ)というハンコを作り押していく手法で描かれた
模様が
釉薬や土の風合いを相俟ってキュートです。ボトルの様な体裁になっており、
上のツリーを
取ると水を入れて一輪挿しとして使う事が出来ます。
季節の植物やドライフラワーを飾って。
絵柄がさり気ないので、
クリスマスシーズン以外にも 日常で活躍するルームアクセサリーになりますね


一閑人 蓋物(星座) ¥5,000 +tax
田頭さんの作品には時々 小さな子供は登場します。一閑人(いっかんじん)=唐子がひとり
さりげなく蓋の上で寝そべっていてクスっと笑顔になる蓋付きの小鉢。
ストンとした円柱の器の表面は、イッチン(しぼり出し)技法で描かれ ブルーとミルクティー色。
青は呉須(ごす)、茶色は鉄を釉薬の上に塗ることで溶け合うように色がついています。



軽くて使いやすいと人気の田頭さんの器たち その他にも 素敵な作品が様々ございます
秋のお散歩帰りの休憩に 是非お立ち寄り下さい

 

ONO*1F Space  
実りの休息  Autumun break  – 陶器とアクセサリー –
2020年 10月14日(水)〜 11月23日
12:00〜18:00 /毎週金曜日は14:00〜18:30